特集

    2018.10.03
    METAPHYS オータムフェア
    【METAPHYS オータムフェア】

    2018年10月05日(金)~11月1日(木)の間 METAPHYS オータムフェアを開催します!
    夏の暑さも少しずつ遠のき、夜の風が気持ちのいい季節が近づいて来ました。祝日も多く、紅葉や食欲の秋に大忙しのこの季節。
    イベントで疲れた時におうちでほっと一息つける、秋の夜長を家でのんびりと過ごすのにぴったりなアイテムを揃えました。
    期間中は全商品ラッピング無料でお届けします。

    - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    METAPHYS オータムフェア
    ・期間:2018年10月05日(金)~11月1日(木)
    ・特典:全商品ラッピング無料
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

    rappinng2.jpg
    ※商品のサイズや形状によって、オリジナル包装紙以外の包材を使用する場合も
    ございますので、ご了承ください。

    茶香炉【saen】

    saen_1.jpg
    キャンドルで温められた香ばしいお茶の香りを楽しむ、鋳鉄製の茶香炉。
    かまくらから漏れるキャンドルの揺らぎと香りが、癒しの空間を創ります。

    saen_8.jpg
    硬質な鋳鉄の鋳肌の質感、そして茶葉の香りやキャンドルの和らぎ、相反する2つの要素が安らぎの中に凛とした空気を生み出します。

    saen_7.jpg
    上下に部品を分割することで、下部は熱くなりにくい構造になっています。別の場所に移動させたい場合にも、分割し、安全に動かすことが出来ます。

    saen_9.jpg
    アロマエッセンスを滴下することで、アロマポットとしても使用することが出来ます。

    saen_2.jpg
    saenのミニマルな形と鋳肌の硬質ながら温かみのあるテクスチャーが、和洋問わず様々な空間に溶け込みます。

    茶香炉【saen】http://store.metaphys.jp/product/item/saen-25080/


    お香立【quolo】

    quolo_1.jpg
    スティックタイプ、コーンタイプの両方のお香に対応した鋳鉄のお香立です。
    自然なくぼみを作ることで、お香にありがちな、灰を周囲にまき散らしてしまう問題をカタチで解決しました。

    quolo_2.jpg

    quolo_3.jpg
    お香を斜めに傾けて差すホルダーが多い中、デスクや棚の上でのコンパクトな使用を考え、スティックや
    コーンを直立させるデザインにしました。

    quolo_4.jpg
    均一に香りがひろがる、狭いスペースに適したスティックタイプ。強く香りがひろがる、広いスペースに適したコーンタイプ。
    ミニマルな形ながらも、用途やお部屋の広さに合わせて2種類のお香を使い分けることができる2wayタイプのお香立です。

    quolo_5.jpg
    機能を果たす造形を極力ミニマルな形と、鋳肌のどこか柔らかな質感が、和空間にもモダンな空間にも映える癒しのインテリアにもなります。

    お香立【quolo】http://store.metaphys.jp/product/item/quolo-25060-61/

    錫製酒器【gekka】

    gekka_2.jpg
    錫は人体に無害な金属の上、不純物を吸収し水を浄化すると言われ、1300年以上の古くから、器として使われてきました。

    gekka_4.jpg
    gekkaはとっくりからお猪口まで全てそんな本錫で作られています。
    本錫の器に入れたお酒は、雑味のない、まろやかな風味となり、お燗をすると格別に芳醇さが増します。

    gekka_3.jpg
    徳利からお猪口へと、お酒を注ぐ何気ない振る舞いを美しくすることで、男性的な徳利のイメージを大きく変えることができました。

    gekka_5.jpg

    gekka_1.jpg
    大阪錫器では現在も鋳型に鋳込み、ロクロで挽くという昔ながらの技術で錫器を製造しており、その伝統性、技術、技法などにおいて、1983年・経済産業大臣指定伝統工芸品「大阪浪華錫器」として承認されています。
    冷酒用の酒器は、サンドブラスト処理により表面に銀の砂をまとったような光沢があり、手に伝わる冷たさを程よく和らげてくれる柔らかで心地よい質感となっています。
    熱燗用の酒器は、表面をロクロで挽いたそのままの質感を活かしており、熱燗用徳利には職人の手による籐巻き、熱燗用お猪口は2重成型で冷めにくく、また熱くなる持ち手への配慮もしています。

    錫製酒器【gekka】http://store.metaphys.jp/product/item/gekka-63030-63061/

    錫製酒器【suiu】

    suiu_6.jpg
    スイウは、鏡餅をモチーフにした片口と盃の祝いの酒器セット。
    日本酒の雑味を取り、まろやかにする伝統工芸品で知られる「錫」で作られています。

    suiu_1.jpg
    徳利と盃が一つずつ付いた2段セットは、ひとりでゆっくりお酒を楽しむ方におすすめです。
    錫のひんやりとした冷たさと、趣のある形がいつもの晩酌を少し特別なものにします。

    suiu_2.jpg
    三段セットは、徳利が一つと大小2つの盃が重なった2人用の晩酌セットです。
    錫により一層香るお酒の風味と、手から伝わる錫のひやりとした質感。この酒器の不思議な形に、きっと会話が弾むことでしょう。
    盃の一つをおつまみを乗せる皿として使うこともでき、一人のときも、二人のときも、美しい錫の質感をお楽しみ頂けます。

    suiu_3.jpg
    スイウの表面はサンドブラスト処理による少しマット感のある仕上げで、手に伝わる冷たさを程よく和らげてくれる心地よい質感となっています。

    suiu_4.jpg
    錫は人体に無害な金属の上、不純物を吸収し水を浄化すると言われ、1300年以上の古くから、器として使われてきました。
    スイウは全て本錫で作られており、底の部分にそれを証明する"本錫"の刻印が入っています。
    本錫の器に入れたお酒は、雑味のない、まろやかな風味となり芳醇さが増します。

    suiu_5.jpg
    晩酌が終わったあとは、徳利と盃を重ねるとミニマルで見た目も珍しい錫のオブジェになります。
    目の前に配膳されれば、酒器には見えないこのオブジェに、宴の会話がきっと弾むことでしょう。

    錫製酒器【suiu】http://store.metaphys.jp/product/item/suiu-63070-63071/